どうやって選ぶ?クレンジング

 

クレンジングを選ぶとき、なにを基準に選べばいいのでしょう?

 

ドラックストアやスーパーなどにいくと、あらゆる化粧品メーカーから、いろいろなタイプのクレンジングが販売されています。
価格も高価なものから安価なもの。
オイルタイプ、クリームタイプ、乳液タイプ、拭き取りタイプなど
形状もさまざまです。
こんなにたくさんあると、いったいどれを選べばいいのか?悩んでしまいます。

 

中でも、敏感肌や乾燥肌、ニキビ肌などで悩んでいる方は、お肌にやさしいクレンジングを探すのに、苦労していませんか?

 

今回は、お肌にお悩みをもつ方のために、お肌にやさしいクレンジングの選び方について、ご紹介していきます。

 

 

注意したいクレンジング

 

クレンジングというと、どんな効果に期待をして選びますか?
いろいろあると思いますが、

 

・とにかくメイクが良く落ちる
・とにかく安ければいい

 

ということを一番の基準に考えている場合は、少し注意が必要です。

 

メイクが良く落ちる、というのはそのぶん、お肌にも刺激が強い、ということになります。

 

メイク落ちがいい分、洗浄力がお肌のうるおい成分まで洗い流してしまいます。
このような刺激の強いクレンジングを使うと、洗い上がりのお肌がつっぱるのですぐにわかります。
お肌に刺激の強いクレンジングを使い続ければ、乾燥肌の原因にもなってしまいます。

 

安いクレンジングは、質のあまり良くないもの(石油系の界面活性剤など)が使われていることが考えられます。
※すべての安価なクレンジングがそうだとは限りません

 

このようなクレンジングを一番に考えている方は注意が必要です。

 

 

 

形状を見極めよ

 

では、お肌にやさしいクレンジングを選ぶにはどのようなものを選べばいいのでしょう?

 

実は意外と簡単に、お肌にやさしいクレンジングを見分ける方法があります。

 

それはクレンジングの形状です。

 

形状によって、お肌にとってあまりよくない成分である界面活性剤がたくさん入っているか、ということがある程度目安とすることができるのです。

 

また、クレンジングをする際に、お肌をこすることも刺激になります。
指の摩擦がお肌に伝わりやすい形状のものはさけたほうがいい、ということになります。

 

では、代表的な形状のクレンジングをあげていきましょう。

 

【オイルタイプ】
メイクが良く落ちるので人気のオイルタイプですが、油分が多いので界面活性剤も必然的に多く含まれることが予想できます。
さらに指の摩擦もお肌に伝わりやすいのもマイナス。

 

【リキッドタイプ】
こちらは油分が少ないのでサラッとした使い心地が人気ですが、その分界面活性剤が多く含まれていることが予想できます。
指の摩擦も伝わりやすい形状です。

 

【ふき取りタイプ】
拭くだけ簡単の拭き取りタイプですが、こちらはお肌をこするので摩擦が起きやすくなってしまいます。
拭くだけで簡単にメイクが落とせるということは、界面活性剤も多めと予想できます。

 

【ミルクタイプ】
肌への摩擦が少ないのは〇。
水分が多いので、洗浄力は弱めです。濃いメイクには適していません。

 

 

【ジェルタイプ】
透明のジェルの場合は、乳化していないので界面活性剤が多いようです。
乳白色のジェルでしたら、界面活性剤が少なめと予想ができます。
指の摩擦は伝わりにくく、その点ではお肌にやさしいといえます。

 

 

【クリームタイプ】
指の摩擦が伝わりにくく、水分と油分のバランスがいいので、界面活性剤も少なめです。